本ページはプロモーションが含まれています

古い財布を捨てたくない時の再利用や処分方法は?また使うと金運は下がるか

古い財布 占い・開運

古い財布を新しいものに変えることは一般的ですが、古い財布を捨てたくない時やまた使いたい時はどうすればよいか迷うことがあります。

そして多くの人は金運を上げたいと考えています。

では、お気に入りの財布を捨てたくない時やまた使いたい時、金運を下げないようにするにはどのようにすればよいでしょうか。

ここでは、古い財布を捨てたくない時の再利用のしかたや処分方法について探ってみました。

 

古い財布を捨てたくない時の再利用と処分方法

古い財布は、本来捨てずに持っているだけでも運気は下がると言われてます。

ただ、どうしても捨てたくない場合は、新しい財布とは別々にして保管しましょう。

もし、とても愛着があるとか持ってて良いことがあった、金運が良くなったなどがあったなどであれば、保管しておいたり再利用するという考えもあります。

 

古い財布の再利用方法

  • ポイントカードや診察券入れなどにする
  • へそくりや生活の管理用などに使う
  • 神社やお寺でお焚き上げをしてもらう
  • 誰かに譲る

 

再利用の際は、今までの古い財布への感謝の気持は忘れないようにしましょう。

 

古い財布の処分方法

塩をひとつまみ用意します。

古い財布へ塩を振り、財布を清めます。

古い財布は白い紙に包み、今までの感謝を込めてから捨てます。

白い紙は、風水的には浄化作用の意味があるとされます。

 

古い財布をまた使うと運気は本当に下がる?

財布と女性

古い財布をまた使いたいと思っても、運気も下がるのでは?と思うこともありますよね。

古い財布には捨てがたい魅力や愛着があり、長く使い続けたいと思うこともあるでしょう。

ただ、古い財布はやはり風水の観点から見ても、既に持ち主のエネルギーが染みついています。

それが運気を下げることにも繋がってしまうと言われています。

風水的には、財布は2~3年位で買い換えるのが良いとされています。

古い財布は、やはり風水的には悪い気が貯まらないように処分する方が良いようです。

 

財布を買い替えるべきタイミング

天赦日

財布を買い替えるべきタイミングは、実は金運にも大きく関わっています。

一般的に、財布の寿命は約3年程度と言われており、その期間を過ぎると金運が下降するとされています。

また、財布が傷んできたり機能性が低下したりすると、それが財運の低下となることもあるため、早めの新調がおすすめです。

開運日カレンダーの活用

開運日カレンダーを活用し参考にすることはおすすめです。

特定の日に財布を新調することで、さらなる金運アップが期待できると言われています。

例えば、天赦日(てんしゃにち)や一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)などの吉日に新しい財布を購入すると良いとされています。

 

財布の新調

財布新調

財布を新しくする際は、自分の直感や好みに合ったものを選ぶことが大切です。

色や素材、デザインにこだわりを持つことで、財布との相性もアップし、それが金運を引き寄せる要因にもなります。

財布の新調後、古い財布を処分する際には感謝の気持ちを込めて手放しましょう。

これまでの経済活動を支えてくれた財布に感謝することで、新しい財布への良いエネルギーが移り、金運をさらに高めることができるでしょう。

 

古い財布を捨てたくない時の再利用と処分方法についてまとめ

慣れ親しんだ古い財布を捨てたくないとの思いは、多くの方がもつことでしょう。

その際に古い財布を再利用する方法や処分の方法を紹介しました。

古い財布をまた使うことは、運気も下げてしまうことに繋がります。

科学的根拠としては不明ですが、風水的にも財布は2~3年位で買い換えるのが良いとされてきました。

とは言え、なかなか簡単には古い財布を捨てられずにいることもあります。

今まで大事なお金の保管場所として活躍してくれた古い財布は、感謝して扱いましょう。

何よりも財布に限らず、感謝の気持ちを込めることは、良い運気の流れを引き寄せることにも繋がることでしょう。